外付けhddの不具合は直せる~未来を支えるシステム~

目的に応じて選ぶ

パソコン

クラウド型のファイルサーバを活用すれば、ファイルや画像などのデータを簡単に共有することができます。会社で作成したファイルを自宅のパソコンやスマートフォンでも閲覧することができるので、非常に仕事の効率が上がるといえます。また、タブレットでの閲覧や確認も可能になるため、外出先や営業先で仕事がやりやすくなるのです。このように、クラウド型のファイルサーバがあれば仕事がしやすくなるため業績が伸びます。さらに、ファイルやデータをメール送信する必要がなくなるため、仕事時間を大幅に短縮できます。これまでハードディスクなどにデータを移していたという企業は、これからクラウド型のファイルサーバを活用すると適切です。壊れやすいハードディスクよりも安全にデータ共有が行なえるためです。

クラウド型のファイルサーバにはいくつかの種類があります。そのため、自社のパソコンにサービスを導入する際は、利用目的を絞り、セキュリティや機能性などを把握した後、価格をチェックしましょう。ちなみに、利用目的とは社内用のファイルサーバとして活用するのか、社外でもファイル共有をしたいのかということです。社内用として活用する際は、導入しやすく容量制限が大きいものが適しています。また、専用ソフトウェアやインターネットベースのサービスが適しています。社外共有目的の場合は、ブラウザベースのファイルサーバが適しています。ソフトのインストールやネット環境の設定変更などをする必要がないため、気軽に社外でもデータを共有できます。また、クラウド型のファイルサーバなら、バックアップやアーカイブとしても活用することができます。バックアップやアーカイブ目的の専用サービスなら、低価格で利用できるので始めやすいといえます。